月例山行 国見山(スキー) 2021/01/17

当初鷲が森の予定だったが、大雪のため、近所の山に変更して、スキー歩行と雪洞掘り体験を行いました。
色々教わりたいとう、フレッシュな二人+それなりの年を経た二人の4名でした。
天候は、小雪舞う、風の弱い、比較的安定した天候でした。

国見平スキー場のリフトを2本乗り継いで、そこから国見山を目指します。

最初にシールをつけますが、そのやり方やコツを、実戦で学びます。
そして新雪の中を歩行して登ります。
どのルートを取って登るか、何しろどこでも行こうと思えば行けるので、ルートファインディングが必要です。
山頂までひと登り。記念撮影の後、新雪の斜面を下るのですが、慣れないうちは、転びますし、転ぶと起き上がるのが大変です。
実践的すぎかもしれません。

さて、適当なところで、雪洞を掘り始めます。
雪洞堀りの大変さと、寒さを体験します。
積雪がいまいち少なく、屋根付きベンチって感じになりました。
そこでお昼ご飯を頂きました。

その後は、廃コースに行って、新雪のコースを滑り方を教わりながら滑って終了です。
時間が大分余ったので、3本ほどリフトで登って滑りを楽しみました。このスキー場は、小さいながら変化に富んだコースが多くある、素晴らしいスキー場です。ずっと存続すればいいなあと思います。

岩手 奥州の山岳会です 春夏秋冬山登りを楽しんでいます